丈夫で長持ち!外壁の素材の選び方

外壁は家を守る大事な部分

注文住宅ならデザインは間取り、設備なども自由に選ぶことができます。素材も自由に選ぶことができますが、家を守る大切な部分は、あまり節約せずにお金をかけておきたいところです。特に外壁は家を強い紫外線や雨風から守る重要な部分となっていますので、どのような素材にするのかはしっかりと考えておきましょう。多く の新築木造住宅に採用されている外壁素材といえば、窯業系サイディングがあげられます。これはセメントや繊維質を原料にした板状の外壁素材です。製造過程で窯の中で高熱処理されるのでこの名前で呼ばれています。熱に強く耐火性にも優れているので、火災の場合ももらい火の影響を受けにくいのも良いところです。大量生産に向いているので、コストパフォーマンスも良く成形性にも優れているので、バリエーションも豊富です。防水性はそれほど高くありません。

金属製にも注目しよう

最近では、金属製の外壁材が使われることも増えてきました。金属サイディングは、アルミニウムやガルバリウム鋼板などの金属板を加工した外壁材です。断熱性や耐震性に優れており、軽量であることもメリットです。注意点としては、金属製は変形しやすいことがあげられます。樹脂製サイディングは対候性や耐久性に優れており、軽量です。耐火性が低いというデメリットがあり、日本国内ではあまり普及していません。 木のぬくもりを感じる外壁にするなら、木質系が向いています。耐震性には優れていますが、木材ということもあり、冷や水に弱いという欠点があります。モルタルは価格が安く、デザインの自由度が高い外壁材です。外壁材もそれぞれ違う特徴がありますので、じっくりと比較しながら最適なものを選びましょう。